探偵/興信所/綾瀬市で浮気調査

 

お見積もり・相談無料/秘密厳守
調査実績15,000件以上の
経験と実績を踏まえて
ご相談に乗らせていただきます。

経験と実績がある調査員が 相談に乗らせていただきます。 慰謝料を得るために証拠の必要性や、証拠の内容。 不貞の証拠を得た後の慰謝料の請求方法。 浮気した配偶者から離婚請求されてる場合に離婚請求を認めさせない為にも浮気の証拠(不貞の証拠)が必要です。 これは、有責配偶者から離婚請求が認められない為です。

 

hy東京探偵事務所の
5つの強み

  • 業界トップクラスの調査力
  • 安心の実績
  • 着手金0円の後払い
  • 定額プランでのご契約
  • 万全のアフターフォロー


 

 

 

 

 

各分野の専門的な
弁護士の
バックアップ

調査項目

浮気・不倫調査

綾瀬市周辺で多くのご依頼をいただいております、浮気調査・不倫調査。浮気調査・不倫調査で大切なのは【証拠】です。証拠とは【裁判】で【勝てる証拠】です。【裁判】で【勝てる証拠】とは不貞行為が推認される証拠となります。状況証拠では、慰謝料が得られたとしても金額も少なく、相手方から否認をされれば負けることもあります。配偶者と不倫相手からしっかりと慰謝料を得たい方は、プロの探偵社にお任せください。我々が、間違いなく【勝てる証拠】を得てまいります。
 

素行・行動調査

綾瀬市周辺の企業様・法人様からご依頼が増加している調査内容が、社員の素行調査です。営業周りのはずが、ネットカフェ・マンガ喫茶・パチンコ・自宅に一時帰宅・愛人宅に立ち寄る等、業務をサボっている社員が増加しております。中には、業務中にも関わらず飲酒をしている社員や会社に秘密で自分の会社を立ち上げ、売り上げを横流しするなど業務上横領を行っている社員等も見受けられます。事実を知り、証拠を押さえ、しっかりと対処することが会社運営に必要不可欠と考えられます。当探偵事務所は御社の発展を全力でサポートいたします。
 

身辺調査

特定の人物の身辺を調査します。増加傾向にあるのが、投資詐欺。本人が言っていることに偽りはないのか、信用に値する人物か、など。投資先の実態を把握することで詐欺の被害にあわずに済みます。あなたの大切な資産を守るために、リスクマネジメントとの一つとして投資の前に調査を行うべきです。調査を行うことが最大の投資になります。
 

人探し・行方調査

綾瀬市周辺でご依頼いただく行方調査の中でも多いのは、家出人の行方調査です。特に未成年者の場合、単なる家出のつもりが、知らず知らずのうちに犯罪に巻き込まれ、取り返しのつかない事態となる事件が後を絶ちません。一人で悩まずに、迷わずにご相談してください。早期相談があなたの大切な人を救います。
 

盗聴器発見調査

日本国内は盗聴天国と言われています。綾瀬市周辺の都市でも人口の増加に伴い軽犯罪も増えてきております。盗聴器は、全国で1年間に40万個~50万個販売されていおり、インターネットなどで誰でも購入できる状態です。あなたのプライバシーを守るために、空き巣から自宅を守るために、会社の大切な情報を守るために、盗聴器発見調査をおすすめいたします。

 

 
 

綾瀬市で浮気調査なら

 

調査力のhy東京探偵事務所 町田オフィス

 

調査力の違いは、経験と洞察力です。

 

多数の探偵社が、調査力が高いとホームページなどで、 載せておりますが、 調査力とは一体どのようなものでしょうか?浮気調査で、重要なのは不貞の証拠を得ることです。 その為の過程が調査です。調査で重要な点は、

失尾をしないこと

発覚をしないこと

証拠を、確実にカメラに収めること

 

以上の3点になります。

 

失尾と発覚は紙一重

 

失尾とは、対象者を見失うことです。 失尾と発覚は紙一重です。探偵の調査は、この失尾と発覚のギリギリのところを、 見極めて調査を行います。状況により、無理には追わず、距離を置き、 失尾の危険が伴う場所では、 近づき、対象者を確実にとマークします。

長く距離を開けていれば、失尾をしますし、 長い時間、近くにいれば、発覚しやすくなります。

この状況判断は、経験と洞察力が大変重要になってきます。

 

プロフェッショナルの調査員を育成

 

当探偵事務所では、プロの調査員の育成に力を入れております。 当探偵事務所に入所した方には、 当社独自の、探偵育成プログラムの研修を受けてもらい、 2か月の研修後、最終テストを受けてもらいます。 これに、不合格の場合は、当探偵事務所への入所は、お断りさせていただいております。 合格者だけが、プロフェッショナルの探偵として一歩踏み出せるのです。

綾瀬市で慰謝料請求をお考えの方

 

配偶者に対して慰謝料請求を行うには、配偶者が有責事由を満たしていなければいけません。

この有責事由とは

1・不倫・浮気(不貞行為)

2・配偶者に対する暴力行為

代表的なもので、この2点となります。そして、不倫・浮気(不貞行為)の証拠は原告側に立証責任があります。つまり、訴える側が証拠を集めなければならないのです。

 

特に、不倫・浮気行為の証拠は、個人で集めるには限界があります。不倫・浮気においては、慰謝料を得る為には、不貞行為の証拠を集めなければなりません。この不貞行為は、性行為と民法で定められており、ある程度継続的な肉体関係が必要となります。性行為そのものの現場を押さえることは、非常に難しいです。その為、性行為が行われたであろうとする、推認できる現場を押さえることになります。それが、ラブホテルの出入りであり、自宅等での宿泊になります。

そして、この証拠収集が終わった後に、円滑に慰謝料請求が行えるように、弁護士事務所をご紹介させていだきます。

町田オフィス

TEL 042-732-3534
FAX 042-732-3263
MAIL machida@hytokyo.co.jp
所在地 〒194-0013
東京都町田市原町田2-7-6-306
JR「町田駅」ターミナル口より徒歩5分
グーグルマップはこちら⇒map
代表 黒木 健太郎
探偵業届出証明書番号 東京都公安委員会 第30110313号

 

 
 
 

綾瀬市地域情報 神奈川県綾瀬市早川550

綾瀬市内の交番

綾瀬市早川511-1

綾瀬市寺尾本町3-11-29

綾瀬市深谷1966-3

綾瀬市上土棚北3-2-12